ジャパンツアー申込

 ジャパンツアー申し込み受付が始まりました 

アマゾン ウェブ サービス最大規模となるグローバルコミュニティ、AWS re:Invent 2016 にぜひご参加ください。

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社では、ご好評につき、今年も日本のお客様、パートナー様を対象としたジャパンツアー(AWS re:Invent 参加ツアー)をご用意いたしました。AWS のシアトル本社での特別セッションをセットしたコースも含め、3 つのコースからお選びいただけます。昨年のツアーは、約 350 名のお客様、パートナー様にご参加いただきました。また、ツアー特典として、Japan Night(懇親ディナー)やナイトパーティー、参加者交流ディナーなど現地で交流を深めていただく機会をご用意いたしております。今後のビジネス発展への指針となる有益な機会として、是非本ツアーにご参加ください。

詳細・申込はこちら
AWS re:Invent イベントにおけるラスベガスのホテルの景色。

2016 年の見どころ

最大規模のグローバルクラウドコンピューティングカンファレンスに参加する計画を始めましょう。re:Invent 2016 では、つながり、協力し、AWS について学ぶためのチャンスがさらに広がります。今年は、IoT、サーバーレスコンピューティング、セキュリティ、コンテナといったトピックについて、新たにミニカンファレンスも開かれます。それに加えて、400 を超えるセッションが開かれ、ハンズオンラボ、ブートキャンプ、および AWS の専門家と 1 対 1 で接するチャンスも増えています。

AWS re:Invent の参加者で込み合うホール。

今年は、さらに 1 日、ブートキャンプ、ハンズオンラボ、ワークショップをご提供し、IoT、サーバーレスコンピューティング、データベース、コンテナといったトピックについて全日にわたり技術的に深堀りした内容を取り上げます

2 つの新しい会場で、昨年の 2 倍のブレイクアウトセッションが準備されています。会場間は楽に移動できますので、心配はいりません。

時間外にも、チキンウイング大食いコンテストから、(拡大した) Pub Crawl、Harley ライド、re:Play パーティー、そして今年新登場の re:Invent 5k まで、お楽しみのイベントが用意されています。

AWS re:Invent 2016

フルカンファレンスパス

ジャパンツアーの
受付が開始されました

ジャパンツアー申込

カンファレンス概要

ご自身の目的に応じて re:Invent にご参加ください。2016 年のアジェンダでは、IoT、クラウド問題に関する新たな視点といったトピックに関する詳細を含む、クラウドがビジネスに及ぼす影響を専門家から学ぶ幅広い機会を提供します。

詳細はこちら

セッション

AWS re:Invent では、つながり、協力し、AWS についてさらに学ぶため、あらゆるレベルの AWS ユーザーが集まります。

詳細はこちら

トレーニングブートキャンプ

個人トレーニングブートキャンプでは、AWS の専門家から他では得られない知識を直接学べます。今年は、テクニカルブートキャンプ、APN パートナー認定ブートキャンプ、認定試験対策ワークショップをご用意しています。

詳細はこちら

AWS re:Invent 認定イベントに参加している楽しそうな笑顔のエンジニア。

認定

AWS 認定を取得することで、習熟した技術を持っていることが証明されます。さらに、re:Invent で特別に認定を受けることができます。AWS 認定試験センターは 1 週間毎日運営されています。1 つ以上の試験に事前に申し込み、専門知識を実証しましょう。

詳細はこちら

AWS re:Invent のアクティビティに参加している 2 人のエンジニア。

アクティビティ

AWS の専門家と交流して AWS のスキルを見せることや磨きをかけることのできる魅力的な学習環境や機会を提供するアクティビティに参加して、re:Invent をさらに体験しましょう。APN のメンバーの方は、年 1 回開催される AWS の Global Partner Conference にご参加ください。

詳細はこちら

スポンサー

AWS re:Invent Central はスポンサーと参加者が親交を深めることができるように設計されています。スポンサーとして、大手クラウドテクノロジープロバイダーやコンサルタント、24,000 名超える参加者、およびアマゾン ウェブ サービスの専門家のエンジニアや製品リーダーに自社のブースを公開することができます。

詳細はこちら

ダイヤモンドレベルのスポンサー