ブレークアウトコンテンツ

ブレークアウトコンテンツタイプ

セッション

re:Invent のブレークアウトセッションは講義スタイルで、所要時間は 60 分です。ブレークアウトセッションは re:Invent の会場全体で開催され、あらゆるトピックをすべてのレベル (200~400) で取り上げます。セッションの講師は、AWS のエキスパート、お客様、パートナーが務め、通常はセッションの最後に 10~15 分の質疑応答が含まれます。

ワークショップ

ワークショップは、AWS のサービスを使用して問題を解決するためにチームで作業する、2 時間のハンズオンセッションです。ワークショップでは、参加者は少人数のグループに分かれ、交流を促進するシナリオに基づいて互いに学習し、教えることを行います。各ワークショップでは、最初にメインの講演者による短い講義 (10~15 分間) があり、その後グループで作業します。会場には AWS エキスパートがいるので、すべてのグループが必要なサポートを受けられます。

お使いのノートパソコンを持ち込み、この学習セッションに積極的にご参加ください。 必要な AWS クレジットは AWS から提供されます。

チョークトーク

チョークトークは、少人数の参加者で行われる、非常にインタラクティブな形式のコンテンツです。各チョークトークでは、最初に AWS エキスパートによる短い講義 (10~15 分間) があり、その後に 45~50 分間の参加者との Q&A セッションが続きます。目標は、実際のアーキテクチャの課題について技術的な討論を促進することです。チョークトークの所要時間は 1 時間で、AWS エキスパートがエキスパートレベルのコンテンツを提供します。

チョークトークは、メインの講師 1 人と、討論の展開に沿って問題と解決策をホワイトボードを使用して説明する 1~2 人の AWS のエキスパートによって行われます。re:Invent 2019 では幾百ものチョークトークが行われるため、興味のある内容を慎重に選び、質問を準備してお越しください。

ビルダーセッション

今年も好評につき、ビルダーセッションが re:Invent で開催されます。ビルダーセッションは、最大 6 人のお客様が参加する、60 分の少人数グループセッションです。1 人の AWS エキスパートが参加者をサポートし、質問に答え、ガイダンスを提供します。セッションは、お客様、お客様のノートパソコン、そして AWS エキスパートのみで進行します。

各ビルダーセッションは、これから構築するものに関する簡単な説明またはデモンストレーションから始まります。正式なプレゼンテーションではありません。デモンストレーションの終了後、ノートパソコンを使用して、AWS エキスパートとともに実験や構築を行います。